ひーの徒然独り言

日々の出来事、好きな事などいろいろ思うがままに 書いていきます♪
TOPスポンサー広告 ≫ 戦国自衛隊1549TOP映画 ≫ 戦国自衛隊1549

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

戦国自衛隊1549

今日は久しぶりに映画鑑賞して来ました
戦国自衛隊1549
2003年のある日、陸上自衛隊の東富士駐屯地では対プラズマ用人工磁場シールドの実験を行っていた。
ところが、想定外の事故が発生・・・
実験に参加していた的場1佐らの部隊が460年前の戦国時代へタイムスリップ
この的場部隊、戦国時代に着いたはいいが、いきなり攻撃されて壊滅状態。
この的場最初は生き残るために戦うと殺した相手が若き日の信長
的場1佐が信長に成り代わり織田信長として戦国武将になっちゃってたということで思わぬ展開。
感想としては計算しすぎた設定、ストーリー展開でいまいち迫力にかけ、面白みが半減て感じです。
毒気なく、強烈な個性もない。
タイムスリップから始まって、すんなり話が進むのかと思いきや、第二班がなかなか救出に向かわない。
ありえないストーリーを作る上で、それっぽい細かな嘘をついてる感じで、説明が長くて見る気がうせる感はぬぐえません。
的場1佐と入れ替わりに鎧武者(北村一輝)がタイムスリップしてくるのですが、どうせならこの武者が織田信長でこの信長を元に戻すためタイムスリップする展開のほうが単純明快でぐだぐだ
描くより、いいような・・・
主要隊員以外については何も語られず、印象に残らない。
これは以前の戦国自衛隊の方が面白かった。
とにかく登場人物にのめる込む感情が起こらない。
見終わっても肩透かし的感がゆがめない。
でも途中江口洋介率いる自衛隊に肩入れした少年を木下籐吉朗と名乗らせ、信長に代わる人物として、北村一輝演じる武士が登場
歴史上の人物を置き換えて修復する・・・というのは斬新なアイデアで面白かった。
期待した分こんなもん?と思った映画でした
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

戦国自衛隊1549
金曜日にレイトショーで2本鑑賞しました。その1本目。期待していただけに、ビミョーな感じ。1979年にヒットした「戦国自衛隊」のリメイク。戦国時代へタイムスリップしたというもの以外はまったくの新ストーリー。1979年のほうが面白かったよな~。今回のもの
2005年06月22日(Wed) 01:01
映画「戦国自衛隊1549」
今ひとつ。もうひとつ。つめがあまい。面白いことは面白い。それはネタが面白いだけで
2005年06月22日(Wed) 21:53
プロフィール

ひー

  • Author:ひー
  • ブログの流行につられてはじめてしまいました。
    いろんな人と知合えてお友達の輪が広がれば、最高に幸せです。
    写真は平成11年12月生まれの愛娘&愛犬2代目リロです♪
ブログアドレス
QR
フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問履歴
ブロとも申請フォーム
FC2拍手ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。