ひーの徒然独り言

日々の出来事、好きな事などいろいろ思うがままに 書いていきます♪
TOPスポンサー広告 ≫ 牡蠣の殻むきTOPひとりごと ≫ 牡蠣の殻むき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

牡蠣の殻むき

昨日は採れたての牡蠣をもらった
それも殻つき
大体殻つきと言えば庭で火をおこして焼き牡蠣と行きたいとこだがあいにくの
殻をマイナスドライバーを使ってこじ開けて身を取り出し牡蠣フライ♪
だがこの殻、どこにマイナスドライバをさしてこじ開ければいいのか素人目にはなかなかわからない。
おかげで悪戦苦闘、力の入れすぎでうでは痛くなるし、
もうへとへと、
テレビで見る牡蠣の殻むきなんて簡単そうに見えるんですけどね。
最後はもう食べなくてもいいという気持ちになりましたが食べた牡蠣は最高においしかった。
でも今日は腕が筋肉痛で痛い!
関連記事

Comment

 ̄(=爆=) ̄
編集
>だがこの殻、どこにマイナスドライバをさしてこじ開ければいいのか素人目にはなかなかわからない。
 ̄(=爆=) ̄
そっか、ひーちゃん地方は殻つき牡蠣は珍しいのね。
三重は的矢牡蠣が有名なんで、良く殻をむくチャンスが多いから皆知ってるけど、簡単なのよ。
必ず、サイドに薄い隙間があるから、そこからペチィナイフか薄くて小さな果物ナイフを入れて、左右にゆすると、殻をしっかり閉じてる貝柱が切れて、パカンって開くのよ。
わたしは、30分くらいあれば100個位の牡蠣の殻を開けて、生牡蠣のオードブルを作るよ。
焼き牡蠣も美味しいけど、レモンを絞って食べる生牡蠣も美味しいよ♪
2005年07月01日(Fri) 16:22
小さい頃は
編集
小さい頃はうちの近所の海で父親が潜って牡蠣とかうにとか取ってたんですよ、
でも牡蠣はむいてもらってたので
判りませんでした。
うにのむき方はプロ級まで仕込まれたんですけどね♪
2005年07月01日(Fri) 18:55












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

ひー

  • Author:ひー
  • ブログの流行につられてはじめてしまいました。
    いろんな人と知合えてお友達の輪が広がれば、最高に幸せです。
    写真は平成11年12月生まれの愛娘&愛犬2代目リロです♪
ブログアドレス
QR
フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問履歴
ブロとも申請フォーム
FC2拍手ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。