ひーの徒然独り言

日々の出来事、好きな事などいろいろ思うがままに 書いていきます♪
TOPスポンサー広告 ≫ 遠山金四郎景元TOP時代劇 ≫ 遠山金四郎景元

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

遠山金四郎景元

本物の金さんはどんなお方と
遠山金四郎景元について調べてみました
明知遠山家の分家六代目にあたる人で、実在の人物です。
明知遠山家分家系図
遠山景好→景義→景信→景好→景普→景元→景纂→景影→景之→景档

活躍した時代は、天保改革の真最中であり、老中水野忠邦のブレーンのひとりでした。
しかし、強行派の水野忠邦、鳥居耀蔵と異なり、庶民派であったようで江戸歌舞伎三座取り潰し策を、浅草の外れに移転させ取り潰しを間逃れさせたのも景元が「芝居小屋を取り潰して、反感を買うより一カ所に集めて監視した方がよい」と水野忠邦を説得したおかげだと云われます。
鳥居の市中取締りは非常に厳しく、かつおとり捜査を常套(じょうとう)手段とする等、陰険極まりないものであり、当時の人々からはその名をもじって『妖怪(耀-甲斐)』の渾名を贈呈されるほど忌み嫌われたこともあり、庶民の遠山様人気があがり後の名奉行のお話も出来たとか・・・
名奉行遠山金四郎のお話が出来たのも鳥居の妖怪のおかげというわけですね。

略歴
寛政五年 1793年 遠山景普の子として生まれる。
文化六年 1809年 金四郎と改名する。
文政十二年 1829年 家督を相続。
天保七年 1836年 左衛門尉を許され、その後、作事奉行、勘定奉行を歴任する。
天保十一年 1840年 北町奉行に任じられる。
天保十四年 1843年 北町奉行を罷免され、大目付となる。
弘化二年 1845年 南町奉行に任じられる。
嘉永五年 1852年 隠居する。隠居後、剃髪して帰雲と号す。
安政二年 1855年 二月二十九日 六十一歳にて没す。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

ひー

  • Author:ひー
  • ブログの流行につられてはじめてしまいました。
    いろんな人と知合えてお友達の輪が広がれば、最高に幸せです。
    写真は平成11年12月生まれの愛娘&愛犬2代目リロです♪
ブログアドレス
QR
フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問履歴
ブロとも申請フォーム
FC2拍手ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。