ひーの徒然独り言

日々の出来事、好きな事などいろいろ思うがままに 書いていきます♪
TOPスポンサー広告 ≫ 犬と私の10の約束TOP映画 ≫ 犬と私の10の約束

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

犬と私の10の約束

最近動物物の物語多いですね。
私は本及び漫画から読むことが多いのですが
この映画の原作は作者不詳で話が広まったものの一つです。
これは「虹の橋」のお話と一緒ですね。
まだこの映画見てませんが、泣けてきそうなので見れないのです。

では
犬を飼う人に対する十か条の戒め。作者不詳。

元は英語で、日本語訳が何通りもあります。

My life is likely to last ten to fifteen years.Any separation from you will painful for me. Remember that before you buy me.
私の一生は10~15年くらいしかありません。ほんのわずかな時間でもあなたと離れていることは辛いのです。私のことを飼う前にどうかそのことを考えてください。

Give me time to understand what you want of me.
私が「あなたが私に望んでいること」を理解できるようになるまで時間が必要です。

Place your trust in me- it's crucial to my Well-being.
私を信頼して下さい......それだけで私は幸せです。

Don't be angry at me for long and don't lock me up as punishment. You have your work, your entertainment and your friends. I have only you.
私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。あなたには仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。でも……私にはあなただけしかいないのです。

Talk to me sometimes. Even if I don't understand your words, I understand your voice when it's speaking to me.
時には私に話しかけて下さい。たとえあなたの言葉そのものはわからなくても、私に話しかけているあなたの声で理解しています。

Be aware that however you treat me, I'll never forget it.
あなたが私のことをどんな風に扱っているのか気づいて下さい。
私はそのことを決して忘れません。


Remember before you hit me that l have teeth that could easily crushthe bones of your hand but that I choose not to bite you.
私を叩く前に思い出して下さい。
私にはあなたの手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど、私はあなたを噛まないようにしているということを。


Before you scold me for being uncooperative, obstinate or lazy, ask yourself if something might be bothering me.
Perhaps I'm not getting the right food, or I've been out in the sun too long or my heart is getting old and weak.

私のことを言うことをきかない、頑固だ、怠け者だとしかる前に私がそうなる原因が何かないかとあなた自身考えてみて下さい。
適切な食餌をあげなかったのでは?
日中太陽が照りつけている外に長時間放置していたのかも?
心臓が年をとるにつれて弱ってはいないだろうか?などと。


Take care of me when I get old ; you, too, will grow old
私が年をとってもどうか世話をして下さい。
あなたも同じように年をとるのです。


Go with me on difficult journeys. Never say, "I can't bear to watch it ." or " Let it happen in my absence." Everything is easier for me if you are there. Remember, I love you.
最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送ってください。
「見ているのがつらいから」とか「私のいないところで逝かせてあげて」なんて言わないでほしいのです。
あなたがそばにいてくれるだけで、私にはどんなことでも安らかに受け入れられます。
そして........どうか忘れないで下さい。私があなたを愛していることを。

この十か条
心に響くのはペットを飼っている人だけではないと思います。
関連記事

Comment

読むと涙が。。。
編集
作者不詳とか。。
でも、ホントに心から犬たちを愛していますよね。
レアを亡くしたわたしは、いつも途中で涙が出て来て、最後まで読めません。
2008年05月02日(Fri) 18:25
編集
aruce さん
 本当ですよね。
犬を愛してないと表現できない気持ちだと思います。
私も涙が出てくるんですよね
2008年05月05日(Mon) 08:59












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

ひー

  • Author:ひー
  • ブログの流行につられてはじめてしまいました。
    いろんな人と知合えてお友達の輪が広がれば、最高に幸せです。
    写真は平成11年12月生まれの愛娘&愛犬2代目リロです♪
ブログアドレス
QR
フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問履歴
ブロとも申請フォーム
FC2拍手ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。