ひーの徒然独り言

日々の出来事、好きな事などいろいろ思うがままに 書いていきます♪
TOPスポンサー広告 ≫ 桜吹雪TOP時代劇 ≫ 桜吹雪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

桜吹雪

「やいやい、この桜吹雪が見えねか」と背中の彫り物桜吹雪を見せる
これが今までの金さんの定番でした。
ところが「江戸を斬る」の金四郎はなかなか見せない。
(Ⅱでは桜の刺青の浪人と由美姫&閻魔に追いかけられるのも面白い設定でした。)
見せてもチラッとのちょっとだけ、これは新鮮でした。
子供のときはそんな違いは気にも留めませんでしたが・・・。
今再放送など見てると、殺陣などのとき本当なら腕の刺青見えちゃうんじゃないの
といちゃもん付けたい場面も多々ありましたが、そこは時代劇の御約束。
おゆきの登場の少なかったⅥになると結構彫り物見せる場面が増えているんですが、
私的には、刺青見せない金さんのほうが好感がもてるのです。
刺青を見せて「俺に恥をかかせやがったな」の好きな台詞の一つです。
刺青ばっちりの遊び人の金さんは「遠山の金さん」に任せて、
大工の金公は刺青を見せずに危なくなったら、紫頭巾にねずみ小僧次郎吉の登場で、
事件解決これも江戸を斬るの人気のひとつだったのではないでしょうか。
でも刺青見せないときは「この奉行の顔をよく見ろ」という場面もあったのだから
別に桜吹雪見せなくても事件は一件落着しちゃうんですよね。



関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

ひー

  • Author:ひー
  • ブログの流行につられてはじめてしまいました。
    いろんな人と知合えてお友達の輪が広がれば、最高に幸せです。
    写真は平成11年12月生まれの愛娘&愛犬2代目リロです♪
ブログアドレス
QR
フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問履歴
ブロとも申請フォーム
FC2拍手ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。