ひーの徒然独り言

日々の出来事、好きな事などいろいろ思うがままに 書いていきます♪
TOPスポンサー広告 ≫ 台風災害その後TOPひとりごと ≫ 台風災害その後

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

台風災害その後

先週の日曜日地元の中学校で運動会がありました。
台風災害のひどさから延期の話も出たようですが、話し合いの結果
当日「がんばれ生目」を合言葉に開催されたようです。
ただしお弁当を家族で開いて楽しむのではなく、親がこれない子供を配慮して生徒と家族は別々のお昼だったそうです。
まだ避難所では30人ほどの方が避難生活を送られています。
宮崎市が支援制度について説明を被災地でおこなっているようですが、
家の全壊、半壊、などの大きな被害についてある程度の支援があるようですが水害の床下浸水に対してはほとんど支援されないと不満や浸水被害に対する市の責任を追及する声が続出したそうです。

災害後、救援物資をめぐってもいろいろ問題が起きています。
私の地域でも災害直後から公民館で食事三食が配られていたようですが、それが知らされてなかったり(3日後くらいに知りました)
一番食事配布して欲しかった時はすぎていました。
知ったら知ったで、そんなにいるの?いうぐらい一人でもって行ったり、中には片付けの手伝いに来た人の分まで弁当を持っていく人もいたようです。
私は食事配布は本当に食事も作れなく、買いにいけない人が優先されるべきものだと思っています。
親戚の手伝いに行くなら手伝いの人が気を利かせて食料や飲み物まで持っていくべきで、実際に私のところには大変だろうからと食事を作って見舞いに来てくれる友達もいました。
これは何よりもうれしかった。
災害に乗じてというか支援物資も必要以外に持っていく人は後を絶たないようです、しかし災害後も問題はいろいろあるんですね

関連記事

Comment

色々問題が
編集
運動会は徒競走も順位は付けず、まったく面白みが無い、遅い子も公平にだそうだ、しかし中学になれば順位が付くのでおかしな事だ、

災害の対策は此方の市でもまったくやっていない、市の職員が毛布や食料を会社へ慈善しているんだそうだ、その都度、用意するんだようでまったく備蓄なんてものは用意していない、たかが毛布は30枚ぐらい、まったく自分達で水や食料を用意しておかないといけないみたいです。
2005年09月22日(Thu) 22:11
今の世の中・・・。
編集
本当に矛盾だらけですね。
モラルも何も無い、自分だけよければ良い人が多い。
災害の時にもそういった人間の本性が現れるのでしょう…。

被害に有った事の無い、私は解りませんが、やはりその場に
なれば、我先にした人が、生き延びるのでしょうか…。

何にしても被害に遭われた方の事を思うと心が痛みます。
2005年09月23日(Fri) 19:24












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

ひー

  • Author:ひー
  • ブログの流行につられてはじめてしまいました。
    いろんな人と知合えてお友達の輪が広がれば、最高に幸せです。
    写真は平成11年12月生まれの愛娘&愛犬2代目リロです♪
ブログアドレス
QR
フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問履歴
ブロとも申請フォーム
FC2拍手ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。